講堂・体育館「アリーナ まい進」

school Life

創立110周年を記念して新設された、大成高校のシンボル「新講堂・体育館 アリーナまい進」。この名は、全校から募ったもので、この講堂・体育館がオープンした年の文化祭のテーマ「邁進」に託された「力を合わせ目的に向かってまっすぐ進む」と言う熱い思いが込められています。

まい進外観イメージ
▲流れるような曲線が目を引く未来的な外観の「アリーナまい進」

「アリーナまい進」は、新幹線をイメージさせるような斬新なデザイン。最新の機能を持つ「講堂」は、幅30m、奥行き7mの舞台が折りたたみ式に前面の壁に自動収納され、1224の座席の内798席がロールバック方式で後方の壁に収納されます。そこに広がる「体育館」は、従来の1.45倍の広さで正規のバスケットコートが2面とれ、屋上には夜間照明付き全天候型テニスコートが4面(現在は2面)設置されています。その他に、トレーニングルーム、クラブ部室(23室)、シャワー室、卓球場、音楽練習室などが完備、この他に柔道・剣道場(ガラス壁の部分、それぞれ245畳)も併設されています。



まい進 テニスコート
▲まい進の屋上にある全天候型テニスコート。
まい進 ホール
▲総席数1224のうち最新のロールバック式が798席。
まい進 テニスコート
▲竣工記念に演じられた芸優座の「ベニスの商人」。
まい進 ホール
▲座席を収納するとバスケットコート2面の広さの体育館が現れる。
まい進 テニスコート
▲凛とした空気に満たされた清々しい空間が広がる剣道場。
まい進 ホール
▲威勢の良いかけ声がいつも聞こえる柔道場。
まい進 内観
まい進 内観
コンクリート打ちっ放しの壁面に間接照明、落ち着きある空間はまるで美術館のよう。