7月18日水曜日の午後、生徒会執行部は三鷹市・三鷹市生活安全推進協議会・三鷹警察署・三鷹防犯協会との防犯キャンペーンに参加しました。

 当日は、11名の生徒会執行部が参加。正門に集合後、まずは三鷹駅までの清掃活動を実施しました。三鷹駅までは通常徒歩25分ほどの道程ですが、1時間以上をかけて舗道に散らばったゴミを回収しました。空き缶やコンビニから出たゴミなどで手元のゴミ袋は徐々に重くなっていきます。駅前の中央通りに入ると特にタバコの吸殻ゴミが目立ちました。

 駅に到着後、すでに準備万端の三鷹防犯協会などの方々と挨拶。その後、三鷹駅南口前にて防犯キャンペーンを開催しました。自転車盗難防止のワイヤーロックやティッシュ、ちらしなどを配布しながら、声を上げて犯罪防止への声掛けを実施しました。

 この日は30度を超える猛暑となりました。水分を補給しつつ、汗で制服がビッショリになりながら、生徒達は頑張りました。途中、地域の方々から頂いた「ありがとう」を心に留めて、これからも積極的に活動してもらいたいものです。