HOMEニュース&トピックス大成クラブ通信【女子テニス部】インターハイ個人戦~最後の大会~ 2018.08.17

大成クラブ通信

【女子テニス部】インターハイ個人戦
~最後の大会~

2018.08.17
【女子テニス部】インターハイ個人戦<br>~最後の大会~

初戦の相手は磐城高校(福島)の種田さん。

ゲームは相手サーブから始まった。

1ゲーム目・2ゲーム目はお互いにブレイクして始まる。

3ゲーム目から鈴木が魅せる。

相手が触れないショットをストレートに打ち0-15。

その後も各ゲーム1ポイントずつしか相手に取らせないゲームが5ゲーム目まで続く。

4-1で迎えた第6ゲーム。

鈴木のサーブで始まるこのゲームは積極的にサーブで攻め、

なんと1ポイントも取らせずキープする。5-1。

このままいけると本人も会場全体も思っただろう。


しかしここはインターハイ。

このままで終わらせるような相手ではない。

次の第7ゲームを、逆に鈴木に1ポイントも取らせずにキープし、流れを徐々に取り戻す。

鈴木は第9ゲーム目に1ゲーム取るが、相手に押され6-5で11ゲーム目を終える。

鈴木はあと2ゲーム。

相手はあと3ゲーム。

次のゲーム、どちらが取るか。

迎える第12ゲーム目。

サーブは鈴木。

力が入り、1ポイント取られる。0-15。

ここで取られると、一気にやられるかもしれない。

「絶対にこのゲームを取る」という強い気持ちをボールに込める。

1ポイント返し15-15。

この勢いで一気に3連続ポイント。


このゲームを制した。

続く第13ゲーム。

このゲームをとれば、勝利である。

当然力が入る場面だが、最後まで力強いテニスでこのゲームを取り、見事初戦突破を果たした!


DSC_3948.JPG


続く2回戦では柳川高校(福岡)の草野さんと対戦。

初戦の勢いのまま勝ってほしいところではあったが、残念ながら1-8で負けてしまい、2回戦突破とはならなかった。


しかし鈴木は最後まで自分らしいテニスを貫いた。

その姿勢は、将来インターハイを目指す他の部員達の活力になっていくだろう。