HOMEニュース&トピックス大成クラブ通信「走り抜けた3年間 ~受け継がれるEsperanza~」 2018.06.29

大成クラブ通信

「走り抜けた3年間 ~受け継がれるEsperanza~」

2018.06.29
「走り抜けた3年間 ~受け継がれるEsperanza~」

ハンドボール部 平成30年度 東京都総体予選

結果

ベスト8決定戦  vs駒大  ○13-12(ベスト8進出!)

ベスト4決定戦  vs明星  ×14-33


DSC_1038.JPG


「まず、ここを一つ守ろう。そして、1点返そう。みんなで走ろう。」

もう何度繰り返した言葉だろう。もう届かない点差...。それでも選手達は、その言葉を互いに掛け合っていた。

6月10日(日)に本校体育館で行われた駒大との試合はまさに1点をめぐる死闘になりました。

常に先手を取ったのは駒大。
しかし、本校も慌てません。
後半、相手の退場を上手く使い、逆転に成功すると、わずかなリードを保ったまま、逃げ切ることに成功しました。

「駒大の諦めない姿勢は本当にリスペクトしました。でも、僕らにも負けられない理由があったんです。」

試合後、主将の増田君はこう語ってくれました。

「ベスト4に挑戦する」

これは関東予選が終わってから、チームの合い言葉でした。

しかも、相手は冬、春と胸を貸してもらい、何度も練習試合をしてもらった、あの「明星」。

選手たちは燃えていました。


DSC_0969.JPG


6月16日(土)新宿コズミックセンターで行われた明星とのベスト4決定戦は、
まさに3年間の集大成のような試合となりました。

序盤は、勢いに乗る本校は明星相手に果敢に挑みます。
GK岡田がスーパーセーブを見せれば、
CP木村も果敢にシュートを打ちます。
誰もが「互角に勝負できる...」。
そんな風に思っていました。

しかし、そこは昨年度王者の明星。
冷静さを取り戻すと、徐々にその差を広げていきます。

気付けば、その差は15点差になっていました。


DSC_1043.JPG


しかし、本校生徒は誰一人あきらめることはありませんでした。

試合に出ている選手はもちろん、スタンドで応援する下級生たちも、誰一人として、試合を捨てることはしませんでした。

ベンチからも、スタンドからもこんな声が聞こえてきました。

「DEFから走ろう。まずはここを守ろう。」

この言葉は3年間、言われ続けてきた言葉です。まさに大成高校ハンドボール部のスピリットでした。

試合が終わるその瞬間まで、本校生徒は1点を取りにいきました。


DSC_1004.JPG


試合終了とともに、両校の健闘を称え、降り注ぐ万雷の拍手に包まれる新宿コズミックセンター。
しかし、選手も、そしてスタンドで応援する本校ハンドボール部はやはり涙をこらえることができませんでした。

「明星はやはり強かったです。そして、やっぱりベスト4の壁は高かった。
でも、その壁に手はかけたと思います。
来年こそは、後輩たちがその壁を乗り越えてくれることを期待しています。」

涙に暮れながらも、
後輩たちにエールを送りながら、
3年生たちは爽やかにコートを去っていきました。

いつの日か、あの舞台へ...。大成高校ハンドボール部の物語は続きます。